困った時に無料で相談が出来る

普段の生活では弁護士の存在はあまり身近には感じづらいものですが、大阪の弁護士阪倉篤史氏なら法律の問題は意外に多く、そういった場合には法律による問題は専門家である弁護士に相談する事になります どの法律を専門に取り扱っているかを調べた上で窓口に連絡することになりますが、「弁護士に相談」というと「高額な費用がかかる」という事が最も多いイメージです そういった法律による相談を無料でメールや電話での相談が出来る窓口が用意されているのは珍しくなくなっており「どうしたらいいか」という事を気軽に相談しやすくなっています 身近なものでは債務整理や過払い請求の様なお金に関係する事や離婚による問題等、生活に関する事を始め、職場によるパワーハラスメントや不当な解雇等、仕事に関する多くのケースで相談が可能になっています また薬害問題等、国家による問題は極めて珍しいケースですが、近年ではTV等で相談窓口のCMが放送されている事もあって、無料相談窓口の存在が広く知られる様になっています 例として薬害によるB・C型肝炎の問題等が挙げられます こういったケースでは個人では非常に難しい問題の為、無料による相談窓口が用意されているのは心強いサービスといえます

弁護士に関するイメージは

幸いにしてこれまで弁護士さんに相談したり、依頼するようなことはなかったのでこの弁護士では話題の肥後橋付近の弁護士のイメージは法の専門家で何かトラブルに巻き込まれた時に他よりになる人といった感じです。ですが出来れば日常生活において、弁護士に頼らないといけない様な事は起こって欲しくないし、私の家は特に相続するような家や財産などもないので今後もお世話になることはないと思っています。私の両親なんかも多分これまで1度も弁護士に依頼した経験や弁護士事務所に行ったこともないと思いますね。だから弁護士にお世話になるケースとして私が思いつくのは、交通事故などに巻き込まれたり、結婚して離婚することになったり、あとは借金をして自己破産等をする羽目になったりといったくらいです。なんとなくマイナスなイメージが強くて、出来れば関わり合いになりたくないと考えてしまうのも仕方がないと言えます。外国などでは結婚の際の条件などを弁護士に書類にまとめてもらったりするみたいですが、日本ではあまりそんな風に利用する人はいないと言えます。ほとんど離婚や親権問題、あとは慰謝料とかそんな感じです。他にも弁護士のイメージは頭がいい、高収入、社会的地位が高いと言えるでしょう。

共に戦って下さった弁護士さんは私の恩人です

私は夫のモラハラが原因で今年二月に離婚しました。夫とは話が噛み合わず、離婚したくても、状況が全く進みませんでした。こんな母子家庭の法律問題を大阪で、こちらから弁護士に依頼し、調停を申し立てました。「弁護士」というと、ドラマ等のイメージが強く、お堅い印象でした。ネットでモラハラに強そうな弁護士を探し、連絡をとって、初めて事務所に行く日はとても緊張しました。担当の弁護士は30代くらいの女性の方だったのですが、こちらの話を親身になって聞いて下さり、分かりにくいところは細かく説明して下さいました。勝手に抱いていたイメージが嘘のように、話しやすい穏やかな方で、安心しました。「弁護士に依頼する」というのは人生の中でも大きな出来事だと思います。私の場合、離婚は自分自身だけではなく、娘や、私の両親にも関わってくることだったので、納得のいく別れ方を望んでいました。弁護士さんに依頼し、相談する中で親権や養育費、財産分与、慰謝料等、「自分がどうしたいか」を整理できました。また、夫と私の間に入って、盾になって下さったことで、それまで頻繁だった、夫からのメールや電話を通しての嫌がらせを受けずに済みました。私一人ではとても戦えなかったけれど、心強い弁護士さんに出会えて、離婚することが出来ました。ネットで調べるだけでもたくさんの弁護士さんがいて、どの人に頼んだらいいか迷いますが、気になった方には、まず会って、話をしてみることが大切だと思います。弁護士さんが味方になってくれ、私は本当に救われました。

弁護士さん介入で問題がスムーズに

私が過去に弁護士さんに相談をした時の事について簡単ですが、相談できる大阪で法律問題をまとめたいと思います。まず、私がと言うよりも、その時の相談者は夫だったのですが、妻としてその問題には最初から最後まで同席をしたので、経緯などの説明ができます。夫は三人兄弟の長男なのですが、東京都在住です。弟は一つ年下と6つ年下になります。2人共に静岡県在住です。今回の弁護士さんへの相談は、夫の実家静岡で起きた遺産相続のことでした。夫の父親の実の父親(祖父)が他界をした事で、相続をする土地や現金が発生しました。しかし、夫の父親は夫が学生時代に既に他界をしていたので、今回の祖父の遺産相続は祖父の実の子供とその子供たちに権利があると言う風に解釈したので、当然、夫と下の弟2人が対象になると考えておりました。ところが蓋を開けると、祖父の子供(娘、息子)の2人が遺産を相続をするので、夫と夫の弟二人には相続を放棄してほしいと言う申し出がありました。到底そんな事を受け入れらなれないので、夫が弁護士事務所の門を叩きました。遺産相続関係の事は私たちでは到底分らないことばかりでしたが、弁護士の先生のお陰で、ことがスムーズのいきまして、きちんと遺産相続を受けることができました。

人とのトラブルが起きそうな時の相談相手に変わった弁護士への相談

弁護士といえば、法廷ドラマなどで犯罪に巻き込まれた被害者や加害者の代理人として裁判のための証拠を揃え、大阪で複雑な母子家庭の法律問題を法廷での弁論を行うイメージがあって、自分の生活とは関係がない存在の人達だと思っていました。しかしながら、約5年ほど前、祖父母が残した土地を巡って、高齢となった母親兄妹での遺産相続の問題が持ち上がりました。母親が知らない間に叔父や叔母によって相続処理が行われ、しかも共有名義での土地登記がなされていると連絡が入り、その共有名義の土地を売却したいから実印を準備しろといきなりの連絡が入りました。転倒事故で障害を抱えている高齢となった母親は、連絡を受けた時点でパニックを起こし、法的な手続きに不安を感じた私が、代理人として叔父や叔母の話を聞きました。土地の売買や相続に関してそれほど知識もないため、判断に苦慮したため、県の弁護士会に相談の連絡を入れて、専門の弁護士事務所を紹介して頂きました。紹介された弁護士事務所を訪ねると、30代のガタイの良い男性弁護士の方が話を聞いてくださり、解決方法をいくつかご提示頂きました。弁護士事務所の戸を叩くのは敷居が高くてと話すと、本来は人が社会で暮らす中でトラブルになりそうな時に、相談する場所が弁護士事務所で、風邪を引いた時に病院で診察してもらうのと同じですよと言って頂き、気分が楽になりました。それ以後、母親の土地問題に関する件では、その弁護士さんが処理にあたってくれ無事に解決できました。弁護士さんへの相談では、料金がいくらになるか分からないという不安もありますが、その点も、相談する際にストレートに聞くと丁寧に説明して頂きました。さまざまなトラブルが増えた社会環境の中、法的なトラブルになりそうな時に相談する弁護士が、主治医のようなイメージにそれ以降変わりました。