弁護士さんにも得意分野があることを知りました。

弁護士さんは、法律のことならば、なんでも詳しい専門家であると思っていました。ですので、弁護士さんに得意な分野があるとは知りませんでした。
 ここ肥後橋で話題の法律問題を相談するなら医師は医師免許を持っていて、その免許があれば、たとえば、それまで内科の医師をしていたのが、明日から外科の医師をする、ということができます。免許には、〇〇科限定ということはない、ということを知っています。そして、その医師免許を持っていても、専門分野を持っていて、内科の医師です、といった言い方をごく普通にしていることは、ある意味常識として知っています。それだけ、医師という存在、病院は日常生活の中において、身近なのかもしれません。
 弁護士は、というと、一生の中で弁護士さんに関わることなく、過ごす、ということが、特別なことではなく、多くの人は関わることなく過ごすのであろうと思います。ですので、弁護士の仕事の実際なんて、よくわからないのかもしれません。
 ですが、最近、いわゆるリーガルドラマが多くなってきていることもあって、弁護士も、企業の顧問になるような弁護士もいたり、企業の再建を専門とする弁護士もいたりするんだ、ということを知りました。それまでの弁護士のイメージは、刑事裁判で、被告の無罪を主張するような、そんな弁護士さんか、なにか、もめごとがあったときに、弁護士さんに相談をして、解決のサポートをしてもらう弁護士さん、というようなものでしたので。
 そう考えると、弁護士さんも得意分野があるわけで、私がもしお世話になるようなことがあったとしたら、良く調べて、得意分野としている弁護士さんを探さないと、と思いました。