弁護士に対するイメージ

弁護士に対するイメージですが、被告人とされる人物の弁護を主に行う仕事であると言うイメージが一番強いです。特に有罪である可能性が窮めて高い弁護を行う弁護士は腕がとてもよく、罪を軽くすることに長けていると言うようなイメージがあります。実際、テレビドラマ以外ではそういった弁護士の方が出てくる場所としてはテレビなんかで企業に敏腕弁護士が雇われたと言うようなニュースで企業が一般人から訴えられたりした際、無罪を勝ち取る可能性が高いですとかそういったことで弁護士の仕事は何であるかを大体イメージすることがあります。ただ、完全な仕事の内容に費えてはあまり知っていないです。離婚の際の離婚届の受理に関して弁護士さんが関与するのかと言うことについても知らないです。やはり、テレビドラマですとかそういった物で弁護士さんのお仕事がこうであろうなという創造しかないです。ちなみによくテレビで異議ありとか言うアレ、実際の裁判ではないそうです。ああいう風にした場合、弁護士は被告人とか犯罪を犯した人の弁護を行うため、事実が異なることを言われたりした以外反論できないそうです。異議と言う言い方は全く異なることを言います、ということですので印象が悪くなると言うことを聞いたことがありますので実際の裁判では弁護士の方は使わないそうです。