よい弁護士、そうでない弁護士がいると思います。

数年前からコマーシャルで、弁護士事務所の宣伝が騒がしくなりました。
借金をしていた人が、過払い金請求をすると、借金が、貯金になる可能性があるとのことで、弁護士事務所が集客に必死だったろうと思います。
そんな中、家族が罪を犯し、警察のお世話になってしまいました。
最初に知らせを受けた時は、正に、青天の霹靂でした。絶望感、虚無感、苦しい日々の始まりでした。
まず警察官と話をし、その後、弁護士さんにお世話になる事となり、頼るは弁護士さんでした。
大阪で離婚問題をすぐ相談しようと情報をもらうのも、今、何をすべきかを教えてもらうのも、弁護士さんしかいない状況です。
ご飯も喉を通らず、弁護士さんに尋ねたい事があり電話をすると、電話に出た方に、今不在との旨を告げられました。いつならいらっしゃいますか?と尋ね、返事をもらい、再度その時間に電話を掛けました。夕方だった為、昼間の女性は帰ったのか、誰も電話に出ませんでした。再度、時間をきちんと確認し、電話番号も確認し、掛け直しても、結局出ませんでした。
弁護士事務所って、こんな感じなの?と更に力を落としたのをよく覚えています。
翌日朝、再度電話をし、ようやく弁護士さんと話が出来ましたが、非常に感じが悪かったです。
こちらは、言葉と話し方を、静かに丁寧に心掛けておりましたが、弁護士さんの態度は、驚くものでした。説明も不十分な上、高圧的で、面倒くさそうに、早く終わらせたい感じが手に取るように分かりました。仕方がないので、その時は、それで会話は終わりでした。
聞きたい事があったので、翌日に電話をかけると、電話口の女性に、不在と伝えられ、また、いつなら話が出来るか聞き、その時間に再度電話し、弁護士さんと話せたのですが、前回よりも乱暴な話し方で、こっちが怒られている雰囲気でした。ただ、分かっている事を聞きたいだけなのに。そして、こちらが話している最中に、一方的に電話は切られたのです。不信感でいっぱいでした。
その後、弁護士を変えました。その方には、最初の人とは雲泥の差で、大変親切に対応して頂いたので、「色々な弁護士さんがいるんだ」と勉強になりました。